Share

これまで画像の引き伸ばしはタブーでした

画像ちっちゃ!!!!!

スマフォなどでとっさにとったスナップ、アングルや構図、光の加減などもバッチリ!!
これをなんとか印刷媒体に使いたいな〜〜、なんて思ったことありませんか?
私の場合は業務上、クライアントから受け取る画像がびっくりするぐらい小さいこと、よくあります。その都度、高解像度の元データをくださいと催促して煙たがられています。
これまでグラフィックデザインでお仕事をしてきましたが、解像度を守るのは絶対で、photoshop上で拡大するなんてありえない世界で生きてきました。
ただどうしても画像を引き伸ばさなければならない状況がごくたまにあります。そんなときに試せる方法が見つかりました。

こんなアプリ使います

waifu2x-caffe
iPad用のフォント作成アプリ。簡単です。

Adobe Photshop CC
PC用画像レタッチ、編集ソフト。

引き伸ばしフリーツール発見、ただしWindowsのみ!!

例のごとく、画像の引き伸ばしについて調べていると、見つけました。紹介されていました。
TCD wordpress blog
https://design-plus1.com/tcd-w/2018/03/waifu2x-caffe.html
そのアプリは【waifu2x-caffe】です。
これまで画像を引き伸ばしたときの悲惨さは幾度も味わってきましたので、正直、半信半疑で試してみます。
まずはダウンロードと・・・・なんとWinのみ・・・・メンドクサ!!!!

小一時間ほど仕事してから、でもやっぱり、思い直し、CG用のWinにダウンロードしました。
(ちなみに少し朗報です。Winのスクショが少し楽になりました。これまで、キーボードの【Prt Sc】を押してペイントを開いて貼り付けて、photoshopでトリミングしての作業が必要だったWinのスクショがもう少し簡単になりました。ウィンドウズキー+Shiftキー+Sでドラッグした範囲のみのスクショができるようになったんです。ペイントを開いて貼り付けないとダメなのはダメなのですが、トリミングする手間が省けました、拍手!!!  記事を書いている時に気づいた小技でした。)

仕事レベルで使えるか?使えないか?

インターフェースはこんな画面です。シンプルです。ポチポチしながら色々パラメータや項目を触って変換してみましたが、おすすめはこの設定です。ピンクの枠の通りにするのが個人的にはベストでした。

変換モードではノイズ除去と拡大にして、大きくしたときのノイズも除去してくれる設定です。
ノイズ除去レベルですが、レベル3だと細部がなくなります。レベル1が丁度いいです。
拡大サイズはお好みです。モデルはよくわかりませんでしたが、とりあえず写真っぽさは欲しいので、写真を選んでいます。
分割サイズは大きすぎるとアプリ自体が落ちてしまうので、432としています。
さて、いよいよ実行です。夢にまでみた画像拡大、引き伸ばし、できるでしょうか・・・・


結果・・・・・微妙です。
photoshopの画像解像度で再サンプル(ディテールを保持(拡大))した画像とwaifu2x-caffeでおすすめ設定で行ったものを貼り付けておきます。もちろん、photoshopよりもキレイですが、イラストっぽい仕上がりになってしまいます。

もと画像です。シャギってますね。
waifu2x-caffeで引き伸ばした画像です。少しイラストっぽいかな
photoshopの画像解像度で引き伸ばした画像。輪郭が強くでてしまいます。

おわりに

やはり夢でした。あるいは5倍という設定が無茶だったのかもしれませんが、グラフィックデザインの場合、ポスターなどで使う画像はとんでもなくでかくなるので、ハードルを上げさせてもらいました。ちなみに小さい画像をイラストタッチで使う場合はヘビーユーズできると思います。

冒頭のアゲハチョウの画像を
waifu2x-caffeでノイズ除去などのレベルを最大にしてよりイラストっぽく

※色々できる範囲で調整してみましたが、いやいや、こんな使い方したらバッチリ引き伸ばしできたよ、とかありましたらご教示くださいませ。

株式会社 ヤップ kosakanorifumi

小坂典史

グラフィックデザインからWEBデザイン、CG制作、ディレクション等を経験する中でコンテンツの発信力や企画力が大事だと遅ればせながら気づく。ライティングや、マーケティング、新たなツールの可能性を日々勉強中。

記事中の画像データを使いたい!や、この記事もっと詳しく書いて欲しいなどのご要望、ご意見は上記お問合せをクリック、もしくはお電話ください。

06-6445-7317