Share

これまでで一番のカメラアプリ LightroomCCモバイル(個人差あり)

※この記事ではLightroom classicについては言及していません。
iPhoneを持って、かれこれ8年ぐらいの小坂です。
もともとカメラが趣味でフィルムやコンデジをもってふらふらしてました。
ただ、ねっからの面倒くさがりなのであまり荷物は持ちたくない。
が、iPhoneでの撮影はあまり納得がいかない。
ということでしばらくお写ん歩は我慢してました。
でも写真がすきなんです、我慢ができませんね。
iPhoneXに乗り換えたと同時にお写ん歩を再開です。
でも思い出写真と趣味写真が混在するのが嫌です。
ということで前から気になっていたLightroomCCモバイルにチャレンジすることに。
※モバイル版は一応、無料でつかえるみたいです。(Adobeのアカウントは必須です)

LightroomCCモバイルのいいところ

まだまだ性能を引き出し切れてないですが、
とりあえず、面倒くさがり写真好きの願いを叶えてくれるところは、

◯ストレージが100GB(CC契約してる人ですが・・)
◯非破壊編集ができる
◯dngで撮影できる(RAWデータみたいな現像前データ)
◯画像の管理がしやすい!!

この4点です。

古いタイルです。当時の鮮やかさに思いを馳せて、
鮮やかな印象に整えました。

ストレージが100GB

クラウドで保存できる容量が100GBです。
※creative cloud CCの契約が前提です。
クラウドなので、iPhoneの容量は圧迫しません。
皆さんの撮影枚数によりますが、私で約1年(約6,000枚)でパンパンになるぐらいです。
もちろん、CCで他のデータ、イラレやフォトショなどを保存してる場合はその分少なくなりますよ。

非破壊編集ができる

そう、LightroomCCモバイルは非破壊編集です。
カタログという補正の値を記録したデータを編集します。
なので、別の画像に一度編集した値をコピペするなんてこともできちゃうので組み写真などには便利です。
ってか、非破壊編集って何?
元画像を保ったまま、編集すること。元画像を触らないのでいつでも元に戻せます。フォトショならレイヤー複製したり、調整レイヤーなどを使って色味調整したりします。ただ、複雑な編集になると、レイヤーがものすごく多くなりデータが重くなりがち。
もちろん、Photoshopユーザーとして、非破壊編集になるべくチャレンジしてきました。
してきましたが、やっぱり容量が重くなってました。モッサモッサでした。

Lightroomはたくさんの画像を管理する目的、Photoshopは一点の画像をとことん綺麗にしていく目的と、棲み分けが出来そうです。LightroomCCモバイルを使うまではフォトショの簡易版だから必要ないと思ってました。食わず嫌いは駄目ですね。

DNGで撮影できる!!

LightroomCCモバイルで一番いいと思っている(個人的)のがDNGで撮影できるということ。
LightroomCCモバイル以前のLightroomはPC版なので、カメラでとった画像を取り込んでからの編集・現像というながれでした。
LightroomCCモバイルからはスマフォのアプリなので撮影できるようになったんです、しかもDNGというRAWデータの一種で。
RAWデータとDNGデータについては以下をご参照ください。
https://photo-mini.com/should-you-use-dng/

jpgなどは現像済みのデータ。RAWやDNGは現像前のデータという感じでしょうか。
RAWやDNGは現像前なので自由に劣化させずに調整できるんです。
ここがLightroomCCを使い出した一番のポイントでした。

画像の管理がしやすい

面倒くさがりんの私、画像の管理がネックです。
LightroomCCモバイルは何がいいか・・・。
まず、当たり前かもしれませんが、iPhone純正のアルバムではなく、Creative Cloud内に保存されます。プライベートの画像とは混ざりません。
なのでadobeのアカウントとアプリさえあれば、iPadやMacでいつでも、どこでも同じデータを編集できます。

つづいて、元画像のバックアップです。クラウド100GBなので、もちろん、パンパンになります。そんなとき、環境設定で【すべての元画像を指定された場所に保存】にチェックを入れて任意の場所を選ぶだけで、アプリを立ち上げると勝手に保存していってくれます。(PC版)

※カタログのバックアップ方法は調査中です。
 もしかして、モバイル版はバックアップとれない??

おわりに

LightroomCCモバイルを使い始めて、約1年。その間のよかったことを足早に紹介してきました。
もちろん、ここをもっとこうして欲しいなどは、ありますが、それはまた別に機会に。というかもう少し使いこなしてからにしたいと思います。
最後に元画像と、LightroomCCモバイル内で現像した画像を比較しながらアップしておきます。

これぐらいのサーモンピンクって難しいです。特に夕方に撮りましたし。
現像でより眼でみた印象に近づけます。
現像前もふんわりした感じで幻想的なんですが、インスタではカラフルで
色味が強いほうが好まれる傾向なので色を強くしました。
曇りのときにとるとどうしてもコントラストが弱いです。
コントラスト高めましょう。


株式会社 ヤップ kosakanorifumi

小坂典史

グラフィックデザインからWEBデザイン、CG制作、ディレクション等を経験する中でコンテンツの発信力や企画力が大事だと遅ればせながら気づく。ライティングや、マーケティング、新たなツールの可能性を日々勉強中。

記事中の画像データを使いたい!や、この記事もっと詳しく書いて欲しいなどのご要望、ご意見は上記お問合せをクリック、もしくはお電話ください。

06-6445-7317